LED照明は色々な長所を持っており、省エネ性能やランニングコストの安さが光ります

寿命が長く、月々の電気代も安価で済むのがLEDの特長

LEDの照明には、色々な長所があります。まず最初に旧型の照明器具に比べて、省エネ性能が優れています。電気製品全般に共通する事ですが、基本的に旧型の物よりも、新型モデルの方が電気代が安くなっています。技術革新によって、日々の光熱費が低く抑えられるように設計されているためです。自宅や職場の照明を、旧世代の物からLEDへ全面的に入れ替える事で、月々の電気代は安くなります。世間的にもLEDへの移行が進んでおり、旧世代の照明器具はそもそも製造をストップし始めています。

LEDのデメリットと言われた電球や照明器具自体の値段の高さですが、世間的にLED照明への移行が進み、生産数や製造するメーカーが増えた事で、販売価格は登場した当初に比べて劇的にお安くなりました。LEDは寿命がとても長いのがメリットであり、一度設置すれば、数年から10年程度、電球の交換が不要です。多少販売価格が、以前の物よりお高めだったとしても、頻繁に電球を買い替える必要がなく、月々の電気代が安価であれば、長期的に見て非常にリーズナブルとなります。

熱を発し難く、デスクライトのような照明器具に最適

LEDは旧世代の電球とは違い、長時間利用しても発熱がほとんど生じません。デスクライトや間接照明のように、ユーザーとの距離感が比較的近い物はLEDにした方が良いでしょう。旧型の電球だと発熱が激しく、雨期から夏場にかけて使うと、ユーザーは暑さに悩まされましたが、LEDの物なら長時間使い続けてもOKです。デスクライトのように利用頻度が高い物は、LEDタイプに買い替えた方がストレスがありませんし、明るい光のもとであれば、書類や本の文字も読みやすく作業がより一層はかどる事でしょう。

ledパネルは、看板のバックライトとして、ledが採用されているタイプのものです。消費電流が少なく省エネであるのがメリットです。